Wi-Fi初期設定にあくせくし、新品Wi-Fiルーターを買い換えようかと思った話

TP-Link archer AX50

 

先日、一家のケータイ回線と光回線を総お引越ししました。

ドコモからUQモバイルです。

自分だけの思惑だったわけではないのですが、その話はまた別で書きます。

docomoは便利だったんだなぁと後悔先にたたず状態です。

 

というわけで、BIGLOBE光へ光回線をお引越ししました。

それまではOCN光でWi-Fiルーターを無料レンタルしていたのですが、これからは自分でまたルーターを購入して運用しようと。

ただ、Wi-Fiルーターを調べれば調べるほどどれが良いのかわからなくなったのですが、楽天市場でWi-Fi6で人気だった

【楽天1位 wifi6 ルーター】Wi-Fi6 AX3000 無線LANルーター 2402Mbps+574Mbps wifi6 ルーター Archer AX50/A 3年保証【公式ショップ限定縦置きスタンド付】

購入しました。

 

Archer AX50の箱の写真

 

 

購入して届いたものをコードで繋いで電源オンでつながるかなとか淡い期待を持っていたのですが設定で手こずりました。

やっぱりそう甘くはなく、それまで使っていた

NEC(エヌイーシー) 無線LANルーター Aterm WG1200HS4 PA-WG1200HS4 [ac/n/a/g/b] PAWG1200HS4 Wi-Fiルーター

購入しようかとか思っていたほどです。

 

 

結論から言うと、無事設定することができました。

自宅のWi-Fiの初期設定くらい朝飯前ですよ〜

とか言ってみる。

 

 

Archer AX50を購入しようとした理由

 

決めては最新のWi-Fi規格Wi-Fi6で、コスパもよかったからです。

ざっくりいうとWi-Fi6というのはIEEE802.11axのことです。あの11acやら11bやら11nとかあるやつ。

5GHzと2.4GHzの両方を使えます。

 

Wi-Fiの規格についてはバッファローさんのこちらのページが詳しいです。

参考 Wi-Fiがつながる通信規格buffalo

 

 

 

 

 

TP-LINKのWi-Fiルーターは以前使っていたこともあったので、はい。

日本製品を買わずに申し訳ありません。

 

あくせくしたWi-Fi初期設定

 

接続にはなかなか時間がかかり、途中挫折しかけましたがなんとか接続できました。

Archer AX50とプロバイダから送付されたIDや接続パスワードの記載されたハガキと説明書これだけでいけました。

これらを参照しながら、TP-LINKのiPhoneアプリTetherを使って設定してゆきました。

接続タイプを自動で設定してもらうと「動的」となるのですが、ここを自分で選びました。

 

「PPPoE」にします。

光回線の場合、こちらが多く採用されているようです。

 

tetherアプリのスクリンショット

 

次のつまづきポイントとしては、iPhoneやMacBookだと「WPA3じゃないとキケンだから接続させないよ」みたいな表示が出てきたので、初期接続の暗号方式をWPA3に変更できないからWi-Fi設定できないんだと思い込んでしまいました。

結局WPA2(AES)でパスワードを設定しました。

これもTetherアプリから設定可能です。

 

参考 TP-Link製品のWi-Fiに接続するとセキュリティに関する警告が表示される場合TP-Link

 

 

以上でなんとか接続できました。

 

結局今になって思ったのですが、TP-LINKの公式サイトにて

 

参考 ルーターの初期設定の手順についてTP-Link

 

 

 

 

を見ながら設定すれば一番はやかったように思えます。

つい直感的にできるだろとか自分を買いかぶってドツボにハマってしまうんですよね。

 

今回のお引越しで感じたこと

 

光回線込みで、しかも満期期間以外の時期に乗り換えるといろいろ設定だのプロバイダや通信会社に連絡だのめんどくさいです。

できればかんたんに、しかも時間をとられずに行いたいものですね。

何回自分の個人情報やなんだを唱えさせられたことか。

 

さいごに

 

通信回線のお引越しも、いろいろあって疲れました。

設定途中で投げ出してしまおうかとも思ったり、別のwi-fiルーターを近所の電気屋さんに行って購入しようかなど弱気になったりもしました。

別の要件で時間を置いてみることで、頭の中が整理されて解決への糸口が見つかるかもしれません。

 

 

TP-LinkのWiFiルーターも設定が成功すれば、なかなか便利でよいです。

 

 

使用時の2.4GHz帯と5GHz帯のベストな方に自動で繋げてくれたり、デバイスごとにどちら

の方につなげるかの設定だったりもアプリから設定できたりしちゃいます。

便利ですよね。

 

 

 

モバイル回線もかなり発達しましたが、光回線などインターネット回線ももうライフラインと言っていいほどになりましたね。

 

ではまた〜

 


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。